天地人 第10話 二人の養子

話、動き始めましたね…やっとね。
…てゆうか、唐突にね…。(笑)

そりゃぁね…年末までに関が原終了しなきゃなんないんだからさ、急いでる気持
ちもわからんでもないよ。
でも、ちょっと「乱」に至る複線なさすぎじゃないですかね?
殿も影虎サマも信じあってるのに、家臣が勝手に「乱」捏造。
実際、そうだったかもしれないよ?
でも、そうだったとしてもさー。謙信生前から、ちょっとくらいはわだかまりが
あったりするのが普通なんじゃないの?
そういうの、ぜんぜん書いてないじゃーん。
お船とのどーでもいいよーな場面ばっか気合入れちゃってさー。
ぶつぶつ。。。。。。。(オタクのぼやき。)

だから父上が唐突に「本丸」なんて言い出して、兼続が従うのが、すごいウソ臭い。
「人には裏と表がある。」(by父上。)
……って、おまえが仕組んだのかよっ?!ってかんじなんですけどね(笑)

まあ、父上のあの「裏表っぷり」、ステキでしたよ。
ただのお気楽勘定奉行ではなかった(笑)

…なんだかまた愚痴ばかりになってしまいましたが。
見せ場見せ場。
兼続が与七に「これから先はまかせた!」
「どこへ行かれるのです?!」
…って。。。。。
兼続がウキウキ小走りで行くとこなんて、決まってるじゃん(笑)

「兼続。。。。。」
(ちょっとテレて目をそらすとこがまた良い…)
「ご苦労であった」

うえ〜〜〜〜〜ん!!!兼続、うっかり喜びの涙ちょちょぎれそうだったねー!
この一言をゲットするために、どんなに身を粉にして働いとるか…(涙)
や〜〜〜〜よかったよかった!!!
もーこれで影虎サマにお手打ちになってもいいってかんじだよねー。
や〜〜〜〜よかったよかった!!!