天地人 第39話 「三成の遺言」

ちょっと待て~~~~~~~~~~!
まさかの長谷堂スルー?!
あ~~~~り~~~~え~~~~ね~~~~!
そりゃ~殿の「よくぞ帰った!」もいまいち熱が入らないわけですよ。
(なんか、上の空っぽかったよね・・・)
前回タイトル「ふたつの関ヶ原」とまで言い切った長谷堂の戦いをですよ?
主人公兼続・人生最大の危機をですよ?
それ全部ナレーションですませて、1話かけて「さよなら三成!見納めスペシャ
ル!懐かしのあの場面を一挙公開!今よみがえる、出演者が語るあのときの三
成…」みたいな。。。。。。
こんなんだったらいっそ「大河ドラマ石田三成」にすりゃーよかったのに~。

とかいいつつ、三成の扱いにも文句あり。
三成的重要エピソードの「柿は体に悪いから断る」ってゆうのがなかった(涙)
あれ、かっこいいんですよ。「お前もうじき首斬られるのに体いたわってもしょ
うがないじゃん」って言われて、「武士たるもの最期の一瞬まで気を抜かないの
だ~♪」とか言い切るの。
それスルーでさあ。福島にすすめられた酒、飲んじゃうんだ(笑)
あれぜったい断るかと思ったのに。
まーあそこで断って上から目線でそのセリフ吐いたら、またケンカだよね(笑)
でも三成的には断るべきだ。
なぜなら三成は最期の一瞬まで自分をまげなかったはずだから!
そーゆう男なんですよ。フィクションまぜるにしても、基本理念は貫いてほし
かったなー。
牢屋の中から小早川に「逃がせ」と迫るのはよかったですね。あれは、ヤツなら
やるね(笑)

自称「三成マニア」のわたくし(別にファンではないです。客観的に興味がある
だけです→言い訳)、三成のことを突っ込ませたらきりがありません。
は~~~、これでおわかれかぁ~。さびしいですのう・・・・
じゃ、次の大河は「石田三成」で。(笑)